global menu
search this site
sponsored links
REX CARD
楽天カード
漢方スタイルクラブカード
DMM mobile
OCN モバイル ONE
IIJmio

撮影機材
store
category archive
monthly archive
powered by

エントリーアーカイブ

CentOS 5にCakePHP 1.2系のインストール

PHP

2008/07/01 17:33

インストール手順

  1. CakePHPのダウンロード
    公式サイトの右上のDownloadから最新版を取得する。(現時点ではRelease Candidates)
  2. CakePHPの設置
    cake_x.x.xx.xxxx.tar.gzを解凍する。
    tar zxvf cake_x.x.xx.xxxx.tar.gz
    
    解凍されたファイルを設置する。(設置場所はセキュリティを考慮する為に後々考える。今は開発環境なので解凍されたフォルダをDocumentRootとする。)
  3. httpd.confの編集
    .htaccessを使用可能にする為、CakePHPを設置した公開ディレクトリのディレクティブを以下の様に設定。
    vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
    
    今回は、ドキュメントルートに設置してあるのでルートのディレクティブを変更する。変更箇所は以下の部分。
    </Directory (DocumentRoot)>
        AllowOverride All
        Options Indexes FollowSymLinks
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
    
    変更後はApacheの再起動。
    /sbin/service httpd restart
  4. テンポラリフォルダの所有権変更
    テンポラリフォルダに書き込み権限が必要なので所有権をwebサーバの実行ユーザーに変更。
    chown -R apache (DocumentRoot)/app/tmp
  5. RewriteBaseの設定
    3つある.htaccessをそれぞれ編集する。まずは1つ目。
    vi (DocumentRoot)/.htaccess
    RewriteEngine onの直下に以下を追加。
    RewriteBase /
    UserDirで公開時には、
    RewriteBase /~(UserName)
    2つ目。
    vi (DocumentRoot)/app/.htaccess
    RewriteEngine onの直下に以下を追加。
    RewriteBase /app
    UserDirで公開時には、
    RewriteBase /~(UserName)/app
    3つ目。
    vi (DocumentRoot)/app/webroot/.htaccess
    RewriteEngine onの直下に以下を追加。
    RewriteBase /app/webroot
    UserDirで公開時には、
    RewriteBase /~(UserName)/app/webroot
  6. データベース接続の設定
    cp (DocumentRoot)/app/config/database.php.default (DocumentRoot)/app/config/database.php
    vi (DocumentRoot)/app/config/database.php
    
    database.phpの最下部に、
    var $default = array(
            'driver' => 'mysql',
            'persistent' => false,
            'host' => 'localhost',
            'login' => 'user',
            'password' => 'password',
            'database' => 'database_name',
            'prefix' => '',
    );
    
    var $test = array(
            'driver' => 'mysql',
            'persistent' => false,
            'host' => 'localhost',
            'login' => 'user',
            'password' => 'password',
            'database' => 'test_database_name',
            'prefix' => '',
    );
    
    という部分があるので、以下の様に書き換える。文字エンコーディングの指定を忘れない様に。
    var $default = array(
            'driver' => 'mysql',
            'persistent' => false,
            'host' => 'localhost',
            'login' => '(任意のユーザ名)',
            'password' => '(任意のパスワード)',
            'database' => '(任意のデータベース名)',
            'prefix' => '',
            'encoding' => 'utf8'
    );
    
  7. ハッシュ作成に使用される文字列の変更
    設定ファイルを開き、
    vi (DocumentRoot)/app/config/core.php
    デフォルトで記述されている文字列を任意の文字列に変更する。
    Configure::write('Security.salt', '(任意の文字列)');