global menu
search this site
sponsored links
REX CARD
楽天カード
漢方スタイルクラブカード
DMM mobile
OCN モバイル ONE
IIJmio

撮影機材
store
category archive
monthly archive
powered by

エントリーアーカイブ

CentOS 5にyumでApacheをインストールする

CentOS

2008/06/18 12:42

Apacheのインストールと設定

  1. Apacheのインストール。
    yum -y install httpd
  2. httpd.confの編集。(※未実施)
    #Apacheのバージョン情報などをレスポンスヘッダに出力させない
    ServerTokens ProductOnly
    
  3. Apacheの起動
    /sbin/service httpd start
  4. Apache自動起動の設定
    /sbin/chkconfig --level 35 httpd on

ユーザー別公開ディレクトリの作成

  1. httpd.confの編集。UserDir disableの行をコメントアウト。
    #UserDir disable
    UserDir public_htmlの行のコメントアウトを外す。
    UserDir public_html
    
    このままだと、http://(DomainName)/~(UserName)でアクセスする事になる。http://(DomainName)/(UserName)がよければ以下の1行を追加。
    AliasMatch ^/userdir/([^/]+)/(.*) /home/$1/public_html/$2
    
    <Directory /home/*/public_html>~</Directory>のコメントアウトを全て外す。
    <Directory /home/*/public_html>
        AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit
        Options MultiViews Indexes SymLinksIfOwnerMatch IncludesNoExec
        <Limit GET POST OPTIONS>
            Order allow,deny
            Allow from all
        </Limit>
        <LimitExcept GET POST OPTIONS>
            Order deny,allow
            Deny from all
        </LimitExcept>
    </Directory>
    
    必要なディレクティブは適宜追加編集。
  2. Linuxユーザーの作成
    useradd (UserName)
    passwd (UserName)
    
    パスワードの入力を2回求められるので同じものを入力しユーザー作成完了。/home/(UserName)が作成されている。
  3. ホームディレクトリのアクセス権変更
    chmod 711 /home/(UserName)