global menu
search this site
sponsored links
REX CARD
楽天カード
漢方スタイルクラブカード
DMM mobile
OCN モバイル ONE
IIJmio

撮影機材
store
category archive
monthly archive
powered by

エントリーアーカイブ

GIGABYTE製マザーボードのオーバークロックについて

ハードウェア

2007/12/11 10:14

概要

当エントリーは安全な内容である事を保証しない為、下記手順通りに設定を行ったとしてもハードウェアの破損に繋がる可能性がある事を前提に自己責任で参照する事。

下記内容はGIGABYTE製マザーボードのBIOS設定によるオーバークロック手順のメモである。GA-G33-DS3Rを使用した例であるが同時期の製品であればほぼ同じ内容であると記憶している。尚、定格電圧で可能な限り無理をしない範囲でのオーバークロックとなる。

BIOS設定手順

  1. BIOSの隠し設定の表示
    BIOSメイン画面でCtrl+F1
  2. 省電力機能の停止
    「Advanced BIOS Features」 → CPU Enhanced Halt (C1E):[Disabled]
    「Advanced BIOS Features」 → CPU EIST Function:[Disabled]
  3. PCI Expressのクロック固定
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → PCI Express Frequency (Mhz):[100]
  4. メモリタイミングの設定
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → DRAM Timing Selectable (SPD):[Manual]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → CAS Latency Time:[5]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → DRAM RAS# to CAS# Delay:[5]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → DRAM RAS# Precharge:[5]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → Precharge delay(tRAS):[12]
    ※メモリタイミングは勉強不足の為、良く分からない。その内、調べたら修正する予定。
  5. CPU,メモリ電圧の固定
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → System Voltage Control:[Manual]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → CPU Voltage Control:[(CPUに依存)]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → DDR2 OverVoltage Control:[(メモリに依存)]
    ※メモリ電圧はNormalだと定格?確認中。
  6. CPUホスト周波数の設定
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → C.I.A.2:[Disabled]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → Performance Enhance:[Standard]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → CPU Host Clock Control:[Enabled]
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → CPU Host Frequency (Mhz):[(任意)]
    ※ほとんどのCPUは倍率固定なのでCPU Host Frequencyを変更してクロックアップを行う。E4300の場合、定格は1.8GHz(200MHz×9)であり、200MHz→266MHzと変更する事で2.4GHz(266MHz×9)となる。
  7. CPU FSBの調整
    「MB Intelligent Tweaker(M.I.T.)」 → System Memory Multiplier (SPD):[(任意)]
    ※Memory Frequency (Mhz)の値がCPUのFSBと同じになる様に設定を行う。

トラブル

解説サイト

関連エントリー