global menu
search this site
sponsored links
REX CARD
楽天カード
漢方スタイルクラブカード
DMM mobile
OCN モバイル ONE
IIJmio

撮影機材
store
category archive
monthly archive
powered by

エントリーアーカイブ

Windows XPでAHCI(Serial ATAネイティブ)モードの利用

Windows

2007/06/26 07:59

概要

大半のSerial ATA II HDDはSerial ATA 2.5に対応した製品だが接続しただけではIDE互換であるSerial ATA 1.0で動作してしまう。性能をフルに発揮させる為にはSerial ATAネイティブモードで動作させる必要がある。ネイティブモード動作によるパフォーマンスの向上は約3%?

Serial ATAネイティブモードで動作させる為には、

  1. Serial ATA II HDDがSerial ATA 2.5に対応している。
  2. 対応M/BのBIOS設定で動作モードをAHCIとする。
  3. Windows XPの場合、別途AHCIドライバを読み込ませる。(インストール時にF6でフロッピーから。Vistaは標準対応。)

の条件全てを満たさなければならない。

ただし、M/BのサウスブリッジがRAIDに対応しており、その機能でRAIDを構築する場合は3.の条件は上記の通りにならない。この場合、同サウスブリッジのRAIDドライバを読み込ませなければディスクを認識しない。この時点で動作はAHCIモードになり別途AHCIドライバを読み込ませる必要はない。

解説サイト

以下、加筆中。