global menu
search this site
sponsored links
REX CARD
楽天カード
漢方スタイルクラブカード
DMM mobile
OCN モバイル ONE
IIJmio

撮影機材
store
category archive
monthly archive
powered by

エントリーアーカイブ

Windows XPのRASでリモートメンテナンス

Windows

2007/02/23 09:46

概要

遠隔地にあるWindows XPをアナログ回線(またはISDN)接続でリモートメンテナンスを行う。

着信接続のセットアップ

  1. 「コントロールパネル」→「ネットワーク接続」→「新しい接続を作成する」
  2. 「詳細接続をセットアップする」を選択
  3. 「着信接続を受け付ける」を選択
  4. 「接続デバイス」の一覧から着信を受け付けるアナログモデム(またはTA)を選択
  5. 「仮想プライベート接続を許可しない」を選択
  6. 「接続を許可するユーザー」の一覧から着信接続に使用するユーザーを選択
  7. 「インターネットプロトコル(TCP/IP)」→「プロパティ」
    1. 「TCP/IPアドレスの割り当て」→「TCP/IPアドレスを指定する」
    2. 「開始アドレス,終了アドレス」に任意のアドレスを入力
  8. 「ネットワークソフトウェア」の一覧から取捨選択
    ※リモートデスクトップ接続しか目的がなければ「インターネットプロトコル(TCP/IP)」のみ

実際の接続

接続側の端末にダイアルアップ接続を作成し、該当端末に接続。リモートデスクトップ接続で入力するIPアドレスは受信側で設定した「開始アドレス」を入力する。受信側端末は開始アドレスが割り当てられる。