global menu
search this site
sponsored links
REX CARD
楽天カード
漢方スタイルクラブカード
DMM mobile
OCN モバイル ONE
IIJmio

撮影機材
store
category archive
monthly archive
powered by

エントリーアーカイブ

CentOS 5にSubversion+Trac環境を構築

CentOS

2007/11/22 08:54

概要

執筆中

インストール手順

  1. Subversion関連のパッケージをインストール
    ※以下のコマンドの実行のみで関連パッケージもまとめてインストールされる。
    yum -y install mod_dav_svn
  2. Subversionのリポトロジ作成
    mkdir /var/svn
    svnadmin create /var/svn/(プロジェクト名)
    
  3. トランク,ブランチ,タグディレクトリを作成
    svn mkdir file:///var/svn/(プロジェクト名)/trunk file:///var/svn/(プロジェクト名)/branches file:///var/svn/(プロジェクト名)/tags -m "init repository layout (trunk,branches,tags)"
  4. Apacheのアクセス権を付加
    chown -R apache.apache /var/svn/(プロジェクト名)
  5. BASIC認証の設定
    ※今回はローカル環境なので省略
  6. Subversion用にApacheの設定追加
    vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf
    subversion.confに以下の内容を追記。
    <Location /svn>
       DAV svn
       SVNParentPath /var/svn
    </Location>
    
  7. Subversionの動作確認
    service httpd restart
    ブラウザで「http://(サーバーのドメインまたはIPアドレス)/svn/(プロジェクト名)」にアクセス
  8. Tracが依存しているパッケージのインストール
    標準リポジトリにはTracが含まれていない為、DAGリポトロジからインストールを行う。DAGリポトロジの追加方法はCentOS 5のインストールと初期設定 / Edgebookを参照。
    yum --enablerepo=dag -y install python-clearsilver
    yum -y install mod_python
    
    英語版のTracを使用する場合、
    yum --enablerepo=dag -y install trac
    とする事でTracのインストールは完了する。
  9. 日本語化Tracのインストール
    任意の場所に日本語化Tracをダウンロードし、解凍,インストール,展開フォルダの削除,ダウンロードファイル削除を行う。
    wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/trac-0.10.4-ja-1.zip
    unzip trac-0.10.4-ja-1.zip
    cd trac-0.10.4-ja-1
    python setup.py install
    rm -f trac-0.10.4-ja-1.zip
    rm -rf trac-0.10.4-ja-1
    
  10. Tracプロジェクトの作成
    mkdir /var/trac
    trac-admin /var/trac/(プロジェクト名) initenv
    
    実行後、プロジェクト作成ウィザードでプロジェクト設定を行う。
    プロジェクト名を入力
    Project Name [My Project]>(プロジェクト名)
    使用するデータベースを入力(SQLiteを使用する場合は何も入力せずEnter)
    Database connection string [sqlite:db/trac.db]>
    使用するレポジトリを入力(Subversionを使用する場合は何も入力せずEnter)
    Repository type [svn]>
    Subversionのレポジトリのパスを入力
    Path to repository [/path/to/repos]> /var/svn/test
    Tracのテンプレートパスを入力(デフォルトで使用する場合は何も入力せずEnter)
    Templates directory [/usr/share/trac/templates]>
  11. Apacheのアクセス権を付加
    chown -R apache:apache /home/develop/trac/test
  12. Trac用にApacheの設定追加
    vi /etc/httpd/conf.d/trac.conf
    trac.confの内容
    <Location /trac>
       SetHandler mod_python
       PythonDebug On
       PythonHandler trac.web.modpython_frontend
       PythonOption TracEnvParentDir /var/trac
       PythonOption TracUriRoot /trac
    </Location>
    
  13. Tracの動作確認
    service httpd restart
    ブラウザで「http://(サーバーのドメインまたはIPアドレス)/trac/(プロジェクト名)」にアクセス

解説サイト

運用に関する情報

関連エントリ